禁煙できない理由を自分なりに回答

禁煙しようと何度か挑んでみたが、結局止めることができなかった方はニコチン依存症の可能性があります。ニコチン依存症になってしまうと、自分の意志の強さだけで煙草を止めることが難しくなります。

依存症の原因として、ニコチンを体内に入れると、ニコチンがすぐに脳に達し、快楽を感じさせる脳内物質のドーパミンを分泌させます。

このドーパミンを分泌させてしまうことが禁煙できない理由です。ニコチンを摂取る事で強制的にドーパミンを分泌します。

煙草を吸うことで、その都度ニコチンを摂取しドーパミンが分泌される状態が繰り返され、最終的にはニコチンを摂取しないとドーパミンが分泌されにくい状態になります。

この状態になると禁煙は難しくなってしまいます。ドーパミンはやる気物質とも呼ばれていて、人は何か行動するためには、ドーパミンの分泌が必要です。

ニコチン依存症になった脳は、ドーパミンが分泌されにくい状態なので、何か行動を起こす時には煙草を吸って、ニコチンを摂取しドーパミンを分泌されてから行動することになります。

ひどい状態になると、禁煙をしただけでうつ病になってしまう方もいるくらいです。

もし、ニコチン依存症の疑いがある方で、禁煙したい方は自分一人で禁煙に挑むのではなく、禁煙外来などがある病院で治療を受けながら禁煙をすることが一番安全です。